昭和測器株式会社



代表用途例


防爆エリアにおける振動監視

石油関連や化学合成プラントなど可燃性物質を扱う場所においては、可燃性ガスや可燃性液体の蒸気が空気と混合することで燃発性のガスが生成されます。燃発性ガスが電気火花や高温度の物体などに触れると、爆発や火災が起きる危険性があるため、このような場所で使用する電気機器は、爆発を防止する「防爆機器」でなければなりません。

本質安全防爆構造

危険場所Zone0、Zone1、Zone2のすべてで使用可能
機器の電気回路で発生する電気火花が着火源として作用しない、あるいは限度内で作用しないように抑制される構造であり、本質的に危険な火花そのもの、あるいは高熱を発生しないように設計されています。
本システムは、防爆型検出器MODEL-2450EXと下記機器の組み合わせになります。
振動監視計 MODEL-1592
バイブロコンバータ MODEL-2503

システム図(例:振動監視計MODEL-1592と検出器MODEL-2470の組み合わせ)

システム図(例:振動監視計MODEL-1592と検出器MODEL-2470の組み合わせ)

耐圧防爆構造

危険場所Zone1とZone2で使用可能
防爆性能を備えた全閉構造の容器内に着火源となる電気機器を入れることにより、内容内部で爆発が生じても、 容器がその圧力に耐え、なおかつ外部の爆発性ガスに引火するおそれのないように設計された構造です。 本システムは下記の製品があります。
耐圧防爆型バイブロコンバータ MODEL-2501EX
耐圧防爆型バイブロスイッチ MODEL-1500EX

システム図(例:バイブロコンバータMODEL-2501EX)

システム図(例:バイブロコンバータMODEL-2501EX)



TEL メールでのお問合せはこちら 製品に関するよくある質問