昭和測器株式会社



振動計測・振動監視 用途・事例集


エレベータのメンテナンス

振動測定によるエレベータの安全点検
(エレベータ用振動測定装置 MODEL-6601)

エレベータでは何よりも安全性が重視され、定期点検が欠かせません。振動センサを使うことにより、上昇・下降の際の加速や減速の様子やブレーキの聞き具合がわかります。また、横揺れや縦揺れの程度も詳細にデータが得られるため、乗り心地の改善などに役立ちます。

エレベータ用振動測定装置 MODEL-6601

測定方法は、本装置をエレベータに乗せて測定を開始するだけです。リアルタイムで波形をモニタしながらの測定が可能です。

波形をモニタしながらの測定が可能です。


ISO18738で要求される各種分析が専用ソフトで簡単にできます。また、周波数解析(FFT)も行えるので異常振動の原因追及に役立ちます。



TEL メールでのお問合せはこちら 製品に関するよくある質問