昭和測器株式会社



会社案内


創業1968年 振動計専門メーカーとしての長年の技術をもつ振動計のプロ集団におまかせ下さい。

「安全と快適」のために


弊社は1968年の創業以来、振動計の専門メーカーとして、自動車、鉄道車両、航空機、船舶などの輸送機関、タービン、発電機、モータ、ポンプ、コンプレッサなどのプラント関係の回転機械、それに工作機械、医療機械、家電、建築構造物などのあらゆる分野において、振動計測により事故を防ぎ、メンテナンスを助け、社会の「安全と快適」に貢献すべく努力してまいりました。そして、常に社内の無駄をなくし、贅沢を慎み、新技術の習得と勤勉を心がけ、より良品質で、より安価な製品を提供してまいりました。

今後とも健全経営及び社会の「安全と快適」への貢献を目指します。何卒ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。





昭和測器株式会社 代表取締役 鵜飼 俊輔





会社概要

商号 昭和測器株式会社
設立年月日 昭和45年12月25日
資本金 1000万円
代表取締役社長 鵜飼俊輔
業務内容 振動計測装置、振動監視装置等の製造販売
主要納入先 官公庁、独立行政法人、研究機関、国公私立大学、
自動車・航空機業界、電力会社、鉄鋼金属業界、
重電、造船業界 、送風機・ポンプ業界他
本社 〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-5-9
TEL 03-3866-3210
FAX 03-3866-3060
工場 〒193-0844
東京都八王子市高尾町1547-1
TEL 042-664-3232
FAX 042-664-3276

環境・品質への取り組み


品質方針
1.顧客満足度の向上

2. 製品品質に厳しいものづくり

3. 顧客要求事項・法的要求事項の満足

 

環境方針
当社は、顧客最優先の製品の提供、地球に優しい環境施策の実施、従業員の安全を三つの柱として企業運営を行い、環境目的・目標を設定し、見直しを行い、下記を含む活動を推進してまいります。
1. 当社の活動、製品及びサービスの性質、規模及び環境影響に対して適切に対応します。

2. 関連する法規制、並びに当社が同意するその他の要求事項を明確にし、それを順守します。

3. 自主基準を設定し、資源の無駄の削減・含有化学物質の管理に努めます。


沿革


1970年 昭和測器株式会社設立。
1975年 50CHの船体振動計測用テレメータ組込型防水加速度計を発売。
1978年 デジタル式超小型振動計デジバイブロMODEL-1330を発売。
1983年 超小型で基本性能重視のシステム用チャージアンプMODEL-4035を発売。
1984年 発電機メーカと大型発電機、電動機のローターバーのゆるみ検出演算器を共同研究。
1987年 新型デジバイブロMODEL-1332を発売。
1991年 高感度振動検出器MODEL-2403を発売。
1997年 火山性微振動観測用に超高感度振動センサを発売。
2004年 多CH回転振動データ収録・解析用システムMODEL-6801を発売。
2005年 本質安全防爆型構造振動監視計2503シリーズを発売。
2006年 風力発電所へ風力発電機用振動監視システムを発売。
2007年 東京都信用金庫協会主催 平成18年度優良企業表彰制度において、
“最優秀企業賞”を受賞。
2007年 東京商工会議所主催 第5回勇気ある経営対象 “優秀賞”を受賞。
2008年 多CH振動解析ソフトMODEL-9900を発売。
2008年 ISO9001(品質)認証取得。
2012年 エレベーター用振動・測定装置を発売。
2013年 ISO14001(環境)及び含有科学物品認証取得。

アクセスマップ

本社
〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-5-9
TEL 03-3866-3210
FAX 03-3866-3060



電車による順序
JR秋葉原駅 昭和通り口より徒歩5分
(1) JR秋葉原駅 昭和通り口より出る。
(2) 昭和通りを、左側(上野方面)へ150m進  
  むと、右側にりそな銀行がある。
(3) そこを右折して約50m進む。
  クロネコヤマトの、向かいのビルの2階。

地下鉄による順序
(1) 日比谷線 秋葉原駅より徒歩5分
(2) 銀座線 末広町駅より徒歩10分
本社マップ
工場
〒193-0844
東京都八王子市高尾町1547-1
TEL 042-664-3232
FAX 042-664-3276

電車・バスによる順序
(1) 中央線JR高尾駅北口へ降り、甲州街道(国道20号線)を左へ曲がり、高尾山方面へ200m程進んだ左手にあります。


メールでのお問合せはこちら 製品に関するよくある質問