昭和測器株式会社



フィールドバランサ ポータブルバランサ製品案内



Model-7102B
フィールドバランサ ポータブルバランサ

Model-7102B フィールドバランサ ポータブルバランサ PDFダウンロード
  • 製品の特徴
  • ストロボタイプで回転機のバランスを簡単に測定できるフィールドバランサです。
  • ストロボ方式で現場での回転機材用フィ-ルドバランサです。
  • 修正できる回転数は、600~30,000rpmと広帯域です。
  • モニタ用出力端子があり、波形観測や記録が可能です。
  • 専用の計算機により、修正位置と修正重量が簡単に求められます。
  • 小型軽量で、携帯に便利なケース入りです。
  • 現場に持ち運んで、能率的なバランス修正ができます。
  • 位相検出には、ストロボ方式を採用しているため、速く確実な計測ができます。
  • PDFダウンロード 製品に関するお問合せ

用途例

① 回転体は、回転軸に対して質量が均一でない場合、つまりアンバランスの状態では、遠心力によって力が加わります。その力は、ベアリング・ロータ・保持構造物等の破損原因となります。
② アンバランス振動の原因は、ロータの偏心、不均質、たわみなど多くあります。また、経年変化による腐食や摩耗、付着物などにより、アンバランスが発生することがあります。研削盤などでは、ドレッサや研削によって  アンバランスが生じます。
③ フィールドバランサは、ロータを装着したままバランス修正ができる利点があります。それは、機械を分解して、据え置き型のバランシングマシンにかけるのに較べると、はるかに費用と時間の節約になります。
④ 回転体の質量のばらつきは、そのアンバランス原因のベクトル合成により、1つのヘビースポットにある(但 し、2面バランス修正法では2つ)と考えられます。バランス取りは、そのヘビースポットの位置と量をいかに能率的に見つけられるかの方法です。

構成

ポータブルバランサ本体/Model-7102B 1台
振動検出器/Model-2007 1台
同上用ケーブル 3m 1本
ストロボスコープ 1台
ショルダーケース 1台
取扱説明書 1部
オプション(別売)/ソフト内蔵計算機 CAL-40

70,000円(消費税別)

1台
オプション(別売)/マグネット MG-2

8,000円(消費税別)

1個


仕様

価格 480,000円(消費税別)
適応検出器 Model-2007 動電型検出器 80mV/cm/sec
測定レンジ 10/30/100/300/1000μmP-Pフルスケール
オプション仕様にて高感度型もあります。
3/10/30/100/300μmP-Pフルスケール(OP)
回転数範囲 600~30,000rpm
フィルタ特性 バンドパスフィルタ Q=10
300~3,000rpm(×1レンジ)
3,000~30,000rpm(×10レンジ)
モニタ出力 ±1V/フルスケール(入力抵抗10kΩ以上の時)または
5mA/フルスケール(入力抵抗20Ω以下の時) 
出力調整器付
ストロボスコープ ハンディタイプでクセノンランプ使用。
閃光時間5~10μsec
電源 AC100V 50/60Hz 30VA
外形・質量 120(H)×240(W)×150(D)mm, 約2.5kg
アクセサリー バランス修正用計算機(CAL-40)(オプション)
センサ固定用マグネット(MG-2)(オプション)

メールでのお問合せはこちら 製品に関するよくある質問